MENU

既読無視でそのままフェードアウト…ひどくない?今どきの恋愛リアル

既読無視からのフェードアウトつらい。

既読無視でフェードアウトしそうなあなたへ。

この記事を読めば、既読無視でフェードアウトする人の心理理由を理解でき、具体的な対処法を知ることができます。

目次

既読無視する人の4つの心理

男の自分磨きを応援!

既読無視される背景って実は色々あるんです。

ここでは、その心理を探ってみましょう。

① LINEが苦手で返信を先延ばしにしてる

LINEが苦手で返信を先延ばししてる可能性も。

LINE苦手な人はどうしても後回しにしがちです。

② 忙しさから返信を忘れてる(遅れてる)

忙しい人だと返信を忘れたり遅れたりすることも。

仕事や勉強に夢中でついつい忘れちゃうんですよね。

③ 会話が終わったと思ってる

「もう会話終わった」って思って返信しないことも。

こういう誤解は、よくある話です。

④ あなたへの興味が薄れてるかも

興味が薄れて、徐々に距離を置いてる可能性も。

フェードアウトサイン 3つの見極めポイント

男の自分磨きを応援! 日本人 女

フェードアウトって、恋愛でよくある「ゆっくり離れていく」パターン。これを見極めるのは、ちょっと難しいですよね。見極めポイントを押さえておきましょう。

① 何度も返信を無視する

大切な人のLINEを無視する人はそういません。

フェードアウトのサインである可能性が高いです。

② 急な会話終了

急に会話が終わるのも、フェードアウトの兆候。

相手の心が離れているサインかもしれません。

③ 短文やそっけない返信

短文やスタンプだけの返信も要注意です。

こちらが長文で送っているのに対して短文や素っ気ない返信だけなのは、距離を置きたい意思表示の可能性が高いでしょう。

既読無視フェードアウト諦めるのはまだ早い?4つのおすすめ対処法

男の自分磨きを応援!

既読無視された際の役立つ対処法をお届けします。

① 数日間待つ

既読無視されたら、慌てずに様子を見ましょう。

何日か静観するのがオススメです。

② SNSチェックや友人に相談

他のSNSでの活動をチェックするのもいいですし、共通の友人に相談するのも良い手です。

③ 返信しやすい短文を送る

短いメッセージを再度送ってみるのも、コミュニケーション再開のきっかけになります。

④ デートに誘う

直接会って話せるようにデートを誘うのも、関係改善に良いステップになる可能性があります。

それでも既読無視され続けた場合

男の自分磨きを応援!

「4つの対処法を試しても返信がこない」

そんな場合はどうすればいいか見ていきましょう。

① 相手を責めない

冷静になることが大切。

感情的にならず、相手を責めるのは避けましょう。

② 話し合いをする

関係を修復するには話し合いが欠かせません。

相手の気持ちを理解し、自分の感情も素直に伝えましょう。

③ 去るもの追わない

そのまま関係を終わらせることも最善と言えそう。

悲しいですが、相手とは縁がなかったと諦めて新たな縁を大切にしましょう。

まとめ

男の自分磨きを応援!

既読無視をする人の心理を理解することは関係性を繋ぐための第一歩です。

ご紹介した対処法を実践することで関係改善のきっかけになるかもしれません。

関係の修復には相手への理解と忍耐が必要です。

ayaka

ポイントを押さえれば、きっと恋愛が前進するはず。心に留めて自信を持って進んでくださいね!

既読無視をされて諦める基準が知りたい人はこちらもおすすめです。

よくある質問 (Q&A)

なぜ女性は既読スルーするのでしょうか?

女性が既読スルーする理由は様々です。面倒だと感じたり、あなたへの興味がない、あるいは返信を後回しにして忘れてしまうこともあります。また、他の人とのメッセージが優先される場合もあれば、駆け引きの一環として意図的にスルーする場合もあります​​。

既読スルーする人の特徴は?

既読スルーする人には多忙で返信する時間がない、返信する内容に戸惑っている、または単純に返信したくないなど、さまざまな理由があります。長文やネガティブな内容、一方的な報告や愚痴などのメッセージはスルーされやすい傾向にあります​​。

既読無視されたらどうしたらいいですか?

既読スルーされた場合、まずは数日間待ってみることが推奨されます。その後も返信がない場合は、関連性のない新しい話題を振ってみると良いでしょう。ただし、返信を強く催促するのは避けたほうがよいです。相手が多忙な場合や返信に戸惑っている可能性もあるため、ある程度の忍耐が必要です​​​​。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀座のクラブに10年間勤め、多くの一流男性と交流。
そこで気づいた魅力的な男性の共通点を元にに、悩める男性のために自分磨きに関する発信を始めました。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次